トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
お勉強する このページは、盆栽・苔、盆栽につながる事をさまざまな観点から学んでいくページです。盆栽につながる事柄や盆栽・苔のまめ知識を学んで行きましょう!
ぼんさいについて
ぼんさいについて
No.22 土の中の虫退治
12.09.06
今年の夏は虫が少なかったとは言え、やはり蟻や芋虫なをに悩まされました。

そこで今回は土に潜んだ虫退治についてお勉強です!
ベランダで育てていると、アリやダンゴムシや芋虫などいろんな虫が住処を探して鉢に入ってきます。
アリが鉢の周りを行き来きしてるのを発見したら要注意です!
最近も苔玉が芋虫にやられました。
虫が住んでしまった苔玉は、虫が潜んだ周辺の苔が黒くなり、小さい穴が見つかります。
ちょっと注意してみると、虫が住み着いた苔玉はすぐにわかります。

お店では虫退治の商品が沢山ありますが、土に潜んでしまった虫はどうすればよいのでしょうか?
今年は下記の方法で虫退治を行いました。

水に沈める
1、深いボウルやバケツにたっぷり水をはる
2、盆栽や苔玉を上まで全て水に沈めます。
3、半日くらい水に沈めたままにします。

すると、息が出来なくなったアリや芋虫たちはたまらず外に出て行きます。
右記の写真の苔玉も、芋虫がたまらず顔をだしてきました。

ただし、苔玉の場合、黒くなってしまった苔は戻りにくいので、出来るだけ奇麗に張替えましょう。
その時に、虫が一度住み着いているので、もう一度ベースから苔玉を作り直すのをおすすめします。
盆栽も、虫の卵が残ってるかも知れないので、タイミングをみて植え替えてあげるのをおすすめします。

あとは、置き型の虫退治を置いて対処しましょう。
ちなみに、なめくじなどはビールを置いておくとそこに集まってくるみたいですよ!

虫が住み着くってことは、ポジティブに考えると虫も住めるような環境ってことですね。
たっぷりの薬品で手入れされたものは、虫も住み着きませんが、いかがなものでしょうか?

私はできるだけ自然のものなどを利用して育てて行きたいと思います。