トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
特集:ぼんさい×器 今回は、『苔玉と器展』を終えて。展示会の模様をご報告します!
ぼんさいについて
ぼんさいについて



10月20〜25日まで丹沢美術館で開催されていた『苔玉と器展』。多くの方々のご協力もあり無事に終了いたしました。

来場者の皆様、ギャラリー関係の方々、ぼんさい手帖のスタッフを初めいろいろな方に助けて頂きました。本当にありがとうございました。

さて、今回は展示会の模様をご報告します♪

今回は、苔玉と様々な器の素材感を楽しみながら、ー暮らしの中に緑があることー をテーマに、苔玉が持つ『和』のイメージだけでなく、モダンで可愛い空間を楽しく演出しました。




初日から、多くの方々に足を運んでいただきました。『こんな風に苔玉が飾ってあったら可愛いわね〜』『なんだかお菓子みたい。』『苔玉ってはじめてみましたが面白いですね〜』『さつまいものつるがこんなに可愛いカタチになるんですね〜』など、いろいろな声が聞こえてきました。
初めて見る空間に笑顔がこぼれるのをみて、私もとてもうれしくなりました。



入り口を入ってからすぐに見えてくるこの不思議な箱に入っている苔玉。
『これは何かしら?』みなさん立ち止まってじっくりみてしまうこの作品は、実は昔、田舎で使っていた水中メガネ! 川で魚を捕る為に使っていたようです。ちょっと素敵なインテリア!田舎に帰ると宝物がたくさん眠っています。 こんな風に、苔玉を飾ってみるのもとても雰囲気がありますよね。



こちらは、丹羽さんの作品のレトロな器や、ミニ苔玉が三つ並ぶ陶板。三足の器は今にも歩き出しそうで、この愛らしさが大人気でした。



上記の写真は、のびてきたアイピーの苔玉のカタチを生かしてデザインしたCの字の石膏作品です。壁にかけたり、玄関先に飾ったり白い壁に緑がある空間。アイビーの蔦が延びて行くのも楽しみです。



こちらは、古い民家の柱を生かした三つ脚の家具。色合いを考えてピンクと淡い緑の葉が奇麗な苔玉をのせました。全体の色合いがとてもモダンで可愛い作品にできあがりました。お外のお庭にこんな家具があっても素敵ですね。



左の写真は、陶器でとりを製作してちょっと遊びもいれて苔玉をつくりました。
クリスマスに飾ってもかわいいかも♪植物ではないカラフルな糸の素材感と木の土台と、小鳥の愛らしさがあたたかく心を和ませてくれます。
この木枠も古材を使って、苔玉の形に合わせて制作しました。
ひょろっと長いものから、短いものなど、絵を飾るようにちょっと壁に飾ってあげるのも素敵です。

最終日の最後迄、たくさんの方々が見に来てくださいました。
その中で、器や苔玉についていろんな話が聞こえて来たり、お部屋のどこに飾ろうか?と会話をして下さっていたり、本当に皆様が身近に緑を感じられる空間になっていて嬉しかったです。
もちろん、生き物であり、どんどん成長し変化していくので、お家に帰って毎日緑を眺めて育てて行く楽しみも感じてほしいと思います。

本当に皆様ありがとうございました。

近日、苔玉ワークショップの様子もご報告します♪


l 01 l 02 l 03 l