トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
スタッフコラム このページは、盆栽・苔、盆栽につながる場所やイベントをスタッフが訪問!その時のレーポートをご紹介します。
ぼんさいについて
ぼんさいについて

No.13 庵福窯訪問 ー展示会を終えてー
09.08.03
前回、特集した苔玉・山野草・器展を終えてから、陶芸作家柳川さんと生徒さん方が、新たにたくさんの苔玉用の器を作っていると言う事で、早速柳川さんの工房(庵福窯)に伺いました。

お話をお伺いすると、展示会を終えた後の苔玉や器に関する反響がすごかったようです。

見に来てくださった方で苔玉をすごく気に入られ、わざわざ工房まで訪ねてこられた方もいらっしゃったそうです。
また、生徒さんのまわりでも、器を作ってほしいと頼まれたり、苔玉と器をプレゼントにしたいという声もあったそうです。

そんなわけで、工房には、展示会が終わった後も柳川さんや生徒さんが作った器がずらり!と並んでいました。

手作り感あふれる個性的な器がたくさん!
展示会で見られなかったアイデアがぞくぞくと生まれていました。
ここで、苔玉をのせて撮影開始!





のせる苔玉が違うだけで、器の雰囲気もガラリとかわります。
独特の重みのある自然な炭の色がとても素敵ですね。



こちらの器は、縦にしてもよし、横にしてもよし、どこかにかけてもよしと、置きたい空間にあった使い方ができます。どれ一つと同じ物はなく、形もとても面白いですね。
どの器もなんの制約もなくそれぞれに自由にカタチ作られ、ちぎったりまげたり、器をつくっているときの楽しさがなんだか伝わってくるようでした。



この展示以来、柳川さんや生徒さんたちも苔玉作成に熱がはいっているそうです。
苔玉の作り方もいろいろ試したり、苔を取りに山へ足を運んだり、緑にふれる時間が多くなったと笑顔で話してくれました。
窯を出て自然に触れる機会が増え、植物について話したり考えたり、そんな時間が器をつくる時と同じように癒しの時間になっているそうです。

今後の予定としては、苔玉教室も企画中だそうです。
たくさんの人に苔玉が広まっていくといいですね〜♪