トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
ワークショップ このページは、苔玉・盆栽のワークショップを通じて、作る楽しさ・面白さをお伝えしていきま〜す。
ぼんさいについて きほん的な作り方
きほん的な作り方
きになる用語集


第1回 苔玉ワークショップ


場所:丹沢美術館
テーマ:もみじの苔玉/小浜菊の苔玉をつくろう!
苔玉の作り方はこちら






10月25日『苔玉と器展』の最終日、ぼんさい手帖初の苔玉ワークショップを開催しました♪
初回にもかかわらず、たくさんの方々にご参加いただきました。
本当にありがとうございました♪

さて、今回は、秋と言う事で素材は、紅葉と小浜菊。
特別編として、今回展示した鳥のオブジェと糸巻き苔玉の作品をみたお子様から、糸巻き苔玉を作りたいというリクエストがあったので、糸巻き苔玉も作成しました。

こちらが、ワークショップの様子です。



苗をそれぞれ選んでもらって、初めに山苔と今回使用する植物について説明。
その後、苔玉の作り方をプリントアウトした説明書に沿って簡単に説明しました。
みなさん興味深く苔玉の話に耳を傾けてくださいました。

参加者様の声を聞くと、『苔に興味があり、まずは苔玉をつくって見ようとおもった。』『苔玉は聞いた事があるけど今回見るのは初めて』『展示をみて作ってみたいと思った。』『苔玉を自分で作ってみたものの、うまく出来ないので参加んしました』など、参加の動機は、様々でした。

いざ、製作開始〜!!一つ目は、みんなで一緒にもみじの苔玉を作成。 まずは、水苔を丸めて行きます。ここで、苔玉の大きさが決まってくるので慎重に〜!糸をくるくるまいて、だんだん苔玉の丸い形が仕上がっていきます。

その後は、苗を選んで自分が思うバランスで、苗を植えていきます。皆さん楽しそうに短い苗、長い苗を組み合わせていました。

さて、最終段階!山苔をはって行きます。
山苔は、ハイゴケと違って丸めるのが難しいですが、みなさん頑張って苔をはっていました。 出来上がりの苔玉をみてみると、みなさんそれぞれの個性を感じる苔玉が出来きていました。苗の組み合わせや、苔玉の大きさやカタチで雰囲気の違う苔玉ができて面白かったです。

二つ目は、小浜菊の苔玉制作。復習も含め、自分のペースで作っていただきました。

子供達の糸巻き苔玉ワークショップもいろんな糸を組み合わせて思い思いの糸巻き苔玉を作っていました。針金をねじるのが少し力がいるけど、頑張って作っていました。可愛いまんまるの苔玉が完成!!もうすぐクリスマスと言う事で、クリスマス飾りにも使えそうですね。



最後に、出来上がった苔玉を陶芸家の丹羽さんの器にのせてワークショップ終了です♪
初回で、バタバタしてしまい、残念ながら個人個人の作品の撮影を忘れてしまいました。残念。。。
でも、ほんとに素敵な苔玉が完成していました。

ワークショップ終了後、みなさんが笑顔で『楽しかった〜』『ありがとう』など、声をかけて下さってほんとうに嬉しかったです。
皆様ご参加いただきありがとうございましたぁ。

今後もぼんさい手帖では、楽しくて面白い苔玉ワークショップを開催して行きたいと思います。
これからも応援よろしくおねがいします。

苔玉の作り方・お手入れ方法はこちら