トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
きほん的な作り方 このページは、きほん的な作り方についてご紹介します。植えるものによって方法も違うので、代表的なものを掲載しました。
ぼんさいについて きほん的な作り方
きほん的な作り方
きになる用語集


お正月の寄せ植え(春の訪れ)

お正月の寄せ植えの出来上がりで〜す♪



やはり、同じ素材を使ってもこんなに雰囲気が違ってくるんですね!
配置も逆だったり、また最後の敷き砂の種類によってワイルドな感じになったり、落ち着いた感じになったり、作る人が思い描く自然の世界によって雰囲気が違ってきて 面白いですね!

今回は、お正月らしいフィギアが間に合わず、ウサギや豚をつかいましたが、鶴や虎を配置してみるともっとお正月らしい寄せ植えになりますね。


管理について

さて、出来上がったら、管理も大切です。
  • キレイに花を咲かせる為に、蕾が乾かないように、一日1回から2回霧吹きを掛けて上げましょう。
  • 水やりは、土の表面が乾いたら、根元に優しく水をやります。
  • 笹は水をほしがります。乾かないように水やりはこまめにしましょう。
  • 暖房の近くには置かないようにしましょう。
花が咲いた後の処理
  • 梅が咲き終わったら、(3月下旬)寄せ植えをばらして、それぞれ別の鉢に植え替えます。
  • 枝が延びきらないように、咲き終わったら芽を3つくらい残して切り戻しをしましょう。
  • 梅の植え替える時は、花柄を取り枝を剪定します。

お正月のおすすめ商品はこちら

《 前ページヘ





谷岡さん