トップ ぼんさい手帖とは お勉強する ぼんさいの基本 ぼんさいニュース ギャラリー おたのしみ リンク集 投稿フォーム サイトマップ mail
きほん的な作り方 このページは、きほん的な作り方についてご紹介します。植えるものによって方法も違うので、代表的なものを掲載しました。
ぼんさいについて きほん的な作り方
きほん的な作り方
きになる用語集


寄せ植え苔玉の作り方(ハイ苔編)



【準備するもの】
植物(ハートヘデラ・コンボルブルス スノーエンジェル)
ピートモス、ハイ苔、木綿糸(黒)、ピンセット/ハサミ






1)材料を準備し、市販の乾燥水苔を湿らせておきます。

2)ピートモスと水を含んだ水苔を混ぜます。
3)ハイ苔を水で洗います。
4)ハイ苔の茶色い部分が多い時は取り除きます。

5)左が茶色い部分で右が緑の部分。
6)苗をポットから外し回りの土を軽く落とします。※10)落とした土は後で使うのでとっておく。
7)水につけながら中心をのこし、更に周りの土を落として行く。

8)周りの根っこを1/3くらいカットします。もう一つの苗も同じように土を落とします。
9)両方土を落として根っこを切ったら、二つを組み合わせ配置を考えます。
10)配置が決まったら、周りに土を足しながら両手でしっかり押さえて丸くカタチを整えます。

11)丸く整えたら、その周りに水苔をはっていきます。
12)糸で水苔を押さえていきます。丸く整えながらぐるぐる巻いて行きます。
13)しっかり糸で押さえたら、糸をきりピンセットで中に糸を差し込みます。

14)最後にハイ苔をまわりにはって行きます。
15)水苔と同じく、糸を巻いて苔を押さえて行き、最後は、またピンセットで糸を中に差し込み出来上がりです!


苔玉のお手入れ


[水やりについて]
水やりは夏は、1日1回。冬は、2日に1回くらいを基本にしてください。また、苔玉をもって乾いていると思ったら、バケツに水をはって、その中に苔玉を入れ、空気が抜けるまで(3〜5分)水に浸してあげて下さい。

[置き場所について]
苔玉も他の植物とかわりません。できるだけ自生環境に近づけ育てる事が大切です。室内の柔らかい光が届く場所に置き、たまには、外の空気に触れさせましょう。 夏場の直射日光、一日中強風の屋外、室内に入れっぱなし、冷暖房が直接当たる場所は、避けましょう。

[花が咲く植物の手入れ]
開花後に種ができる部分まで含めて、花殻を摘むと、その花にとっては「子孫」の確保ができていないため、子孫を残そうと、せっせと開花を続けようとします。


[最後に]
苔玉を育てるのに一番大切な事は、常に目を向け、たまには声をかけてあげたり、愛情を与えて下さい♪